HOME >審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、虫歯や歯周病などの治療による歯の機能の回復・改善に加えて、歯や歯茎の色、
歯並びや口元の表情などの美しさを獲得・維持することを目的として行われる歯科治療。

ホワイトニング
ホワイトニングとは、飲食や喫煙などで着色した歯を傷つけることなく色素沈着を漂白し、歯そのものの色を薬剤で化学的に白く改善する治療です。 ホワイトニングは2種類の方法があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行う方法です。 まず、歯面クリーニングを行います。その後、ホワイトニング剤を塗り、4分間専用の光を照射します。その後、洗い流して再度ホワイトニング剤を塗り、光を照射します(計3回行います)。 オフィスホワイトニングは、高濃度のホワイトニング剤を使用しますので短期間で歯を白く出来、手間もかからないのがメリットです。(1回¥7,000)

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者さん自身がご自宅で行っていただく方法です。専用ライトを2週間貸出いたします。歯磨きを行ってから、開口器で口を開き、ホワイトニングジェルを塗りライトを当てます。ホームホワイトニングで使用するジェルは濃度が低いため、短時間で急激な白さは期待できませんが、じっくりと歯を白くしていきます。 仕上がりに透明感があり、色が後戻りしにくいが、自分で行うため、手間がかかります。(1回¥6,000)

神経がない歯を白くするウォーキングブリーチも行っています(全4回 ¥7,000)
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

〜ホワイトニング後のケア〜
歯の表面を覆ている被膜(ペリクル)は、クリーニングやホワイトニングで除去され、12時間から24時間をかけて再生されます。 ペリクルが再生され、安定するまでのオフィスホワイトニング後24時間は色の濃い食べ物・飲み物は控え、禁煙して下さい。

ホワイトニング後24時間は避けた方がよいもの

コーヒー 紅茶 日本茶 焼肉 やきとり コーラ 赤ワイン ジュース類 醤油 チョコレート  大福 ぶどう・いちごなどの色の濃い果物 色つきの歯磨き粉 うがい薬 口紅 ヤキソバ
カレーライス スパゲッティ みそ・醤油ラーメン  からし わさび
トマトなどの色の濃い野菜 レモンやきゅうりなどの酸性の飲食物

ホワイトニング施術前後写真

ホワイトニングに関するQ&A

Q.痛いですか?
人によって感じ方は違いますが、知覚過敏がある方は多少しみる場合があります。
施術後も一時的に冷たいものに敏感になることはありますが、2,3日で治まります。

Q.どの位白くなりますか?
個人差がありますが、歯の色見本で1回で通常2〜3段階は明るくなります(オフィスホワイトニングの場合)。
激的な変化を求める場合は、4〜5回のホワイトニングをおすすめしております。

Q.どの位持続しますか?
1回の施術を行ったからといって、一生その白さが続かというとそうではありません。
白く美しい歯を保っていくためには、ランニングコストが必要になり、それだけ費用もかかることとなります。料金の高い歯科医院でホワイトニングを行えば、今後ずっとそれなりの費用がかかるということにもなりかねません。
料金のことも考え、無理のない自分に合った歯科医院選びをすることが大切です。

Q.歯に影響はありますか?
ホワイトニングにより歯が溶けたり、もろくなったり、虫歯になりやすくなったりということはないと言われておりますのでご安心ください。しかし、知覚過敏が元々ある方は、症状が悪化する場合がございます。

Q.初診で当日すぐ行えますか?
口腔内の状況にもよりますが、歯石がついていたり歯肉が腫れていたりする場合は、薬液が浸透しないので、先に口腔内の環境を整えてからのホワイトニングとなります。お口の中を拝見させていただき、カウンセリングを行います。

Q.どんな人でもできますか?
子供、妊婦、授乳中、無カタラーゼ症の方は、施術することができません。

Q.施術時間がどの位ですか?
通常40分程度かかります。

inserted by FC2 system