HOME >小児歯科

小児歯科

小児歯科とは、ただ子供の虫歯を治すだけではありません。虫歯予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。
当院では、特に予防に力を入れております。定期的なフッ素塗布を強くおすすめしております。子供の歯や生えたての永久歯は柔らかく、虫歯の進行が早いため2ヶ月〜3ヶ月に1回のフッ素塗布、歯ブラシチェックをして、虫歯を予防していきましょう。
また、歯の生え方、将来的に歯並びが心配な方は、矯正のご相談も受け付けております。
お子様の成長に合わせて、どの時期から矯正治療を始めたら良いか等、費用や期間をお話させていただきます。

フッ素について(フッ素塗布 1回 500円)

1.歯を強くする(耐酸性増強)
2.初期の虫歯を修復する(再石灰化促進)
3.虫歯原因菌の酸産生を抑制する

という、3つの虫歯予防作用があります!


歯科医院で高濃度(9,000ppm以上)のフッ化物を歯面に塗布する予防方法です。
生えて間もない虫歯になりやすい歯や、歯と歯の間等歯ブラシが届きにくい、虫歯の発生しやすい場所にも効果的です。歯科医院で年に数回、フッ化物歯面塗布を受けることを推奨しています。

生え始めの歯は、歯の表面へのフッ素への取りこみ量が大きいので、生え始めから永久歯すべて揃う中・高校生くらいまで、年に3〜4回繰り返し塗布するのが効果的です。
フッ素を塗れば虫歯になりにくくはなりますが、絶対に虫歯にならないということではありません。塗布した後も、きちんと歯ブラシをして定期検診を受け、予防するようにしましょう。



シーラントについて

生えたばかりの歯は、まだ石灰化が完了しておらず、歯質が未成熟で虫歯になりやすいため、早い時期に虫歯予防の処置を行うことが必要です。
生えたての歯の表面には、虫歯になりやすい小さな溝があるため、あらかじめ専用の樹脂(シーラント)を用いて溝を埋めます。
シーラントは予防処置ですので、シーラントをしたからといって、必ず虫歯にならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善してください。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期検診を受け、予防することが大切です。

inserted by FC2 system